スポンサーリンク
12 2017

緑内障手術後の通院とコンタクトレンズの着用 170819

スポンサーリンク
170819_目

緑内障 本日の通院(2017年8月19日)

 ご無沙汰しております。自身の備忘録として記録しておきます。
なかなかUPできません。

本日の眼圧は、右12、左14です。眼圧は少し高めでした。
はじめて釧路の眼科へ。非常に混んでおり、4時間以上待ちました。これは大変ですね。
ここでは有名ということで地元の方はわかると思います(笑)。

・視野検査 →(緩やかに悪くなっているようです)
・先生の好みで点眼薬が変わりました。自分も了承し変えてみました。
 (今まで使用していたものの副作用として眼がくぼみやすくなるい。今回変えたものの副作用としては心臓に負担がかかるよう)

★現在の点眼治療状況(1日当たりの点眼回数)
(左右両目とも)
エイゾプト→アゾルガ      2回朝夕
デュオトラバ→ラタノプロスト     1回 夕
アイファガン→変更なし     2回朝夕

★飲み薬(いわゆるビタミン剤と血行を良くする薬とのこと)
バナール 1日3回
シナール 1日3回

コンタクトレンズは日曜日以外は毎日つけていますが、体感的にも問題ないようです。
ただし、やはり目は酷使するのか、薬のせいなのかわかりませんが、夕方になってくると赤くなります。
夕方に点眼すると、赤身色は消えてきます。なんでしょうね。

そう、そして釧路に来てから鍼灸を開始しました。2週間に1回のペースです。
体感的にはよくわかりません(笑)。
でもツボ刺激用の機械(写真掲載)も購入して試していますが、結構気持ちいいです。

先生より「大変でしょうが頑張りましょう!」との激励。普段言ってるくせに、言われると嬉しいもんだなと気づきました(笑)
次回は視野検査(中心部)を行いたいとの事。

しっかり頑張ってまいりたいと思います。
ありがとうございます。
関連記事
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加 


スポンサーリンク

緑内障治療 目薬点眼 眼科通院 緑内障手術後のコンタクトレンズ着用 視野検査

2 Comments

福島の壮年  

緑内障が治った体験

緑内障の治療と先の見えない不安感は、相当なものでしょうね。
お察し申し上げます。

昨日、某地区の座談会に家内が参加したところ、
そこの地区部長さんが体験発表をされていたそうです。

20年前に緑内障の診断。
以来、通院し投薬治療を続け、2週間に1回程度の検査を行って
いたところ、前回の検査で医師から驚きの言葉があったと。

「まるで、緑内障の診断が誤診だったかと思えるほど、
 きれいになくなっています」

私も良く知る地区部長さんですが、緑内障の治療をしておられた
とは、全く存じませんでした。

一口に緑内障と言っても、発症のきっかけや症状は様々かと
思いますが、実際に、こういう事例があります。
諦めずに頑張ってください。

2017/12/04 (Mon) 11:45 | EDIT | REPLY |   

たかきち  

Re: 緑内障が治った体験

福島の壮年さん

暖かい激励のコメント大変にありがとうございます。
そちらも大変な中、闘争されていることと存じます。

地区部長さんの緑内障の完治の体験素晴らしいですね。

私も本日座談会に出席し、恥ずかしながら体験発表をさせていただきました。
緑内障に関してはわたしもまだあきらめておりません。
私みずからが、「世界で初めて緑内障の原因が判明しました!」
というきっかけになれればいいと思っております(笑)

さておき、本当にありがとうございます。
この信心で新たな感動の体験を必ず築いて参ります。

2017/12/06 (Wed) 22:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment