スポンサーリンク

category: 海外体験・中国(CHINA)  1/2

初めての中国旅行で砂漠に植樹を(2000年頃のお話し) 最終日 貧富の差をどう埋めてゆくのか

本日最終日。朝早く中国のデパートに向かう。中流・上流階級の人たちしかこれない店らしい。しかし、日本より安い。品物もいいものがそろっている。そこでCDやお酒を買った。この国には貧富の差が当然のように混在している。金持ちは日本人以上に金持ちだ。だけどみんな懸命に生き、力強く生きている。現在、少しづつ民主化が計られ、成長している。中国、この国は間違いなく21世紀には、良くも悪くも世界にとてつもない影響力を...

  •  0
  •  0

初めての中国旅行で砂漠に植樹を(2000年頃のお話し) 包頭さようなら、そして万里の長城へ

 朝5:30起床。包頭空港から北京まで飛行機は一日一便しか出ていないため早く起きなくてはならない。7:10出発、8:10に到着する。たくさんの中国人は飛行機には乗れないだろう。空から中国大陸を見ると禿山、土山が一面に広がっていた。特に印象に残った。しばらくすると、飛行機の上から万里の長城が見える。すごく壮大だ。北京到着後、万里の長城を見る。長さ6000kmも及ぶ。とにかくすごいなと思った。何千年と...

  •  0
  •  0

初めての中国旅行で砂漠に植樹を(2000年頃のお話し) 鳴き砂漠と夜のディスコ

 僕らは次に鳴き砂漠に行った。ここの砂漠はきゅっきゅと鳴る。ここで30元を払い、リフトに乗る。それから初めてらくだに乗った。面白い。ゆっくり楽しんだ後、宿泊場所であるパオトウに向かう。夜、皆と一緒にこの町を探索に出た。近くに何もなかったが、音楽が聞こえる怪しげな場所に入ってみると、なんとそこはディスコだった。若者が踊っている。飲み物さえ飲まなければそこはただで踊れる場所だ。終了後店の外に出てみると...

  •  0
  •  0

初めての中国旅行で砂漠に植樹を(2000年頃のお話し) 中国の小学校に行く

とうとうこの恩格貝クプチ砂漠を去る日がやってきた。昨日で大掛かりな植樹は終了していたが、今日は前年度の方が植樹した場所を見に行き、枯れている所は再植樹しなおした。最後に遠山先生、その他ボランティアの方々、現地モンゴル人、中国人の方に御挨拶をし、別れた。世界はまだまだ知らないことがたくさんある。もっと勉強しなくては!そう思う。それから私たちは小学校に向かった。ガイドさんの話によると国で負担する学費は...

  •  0
  •  0

初めての中国旅行で砂漠に植樹を(2000年頃のお話し) ついに植樹最終日

みんなと一緒に三輪車の前で今日はとてもすがすがしい天気。しかし外は少し寒い。今日恩挌貝のクプチ沙漠での植樹は最終日となる。隊員18名と添乗員の方々、現地ボランティアの方々、等みんなと協力してついに1000本のポプラを植樹した。本当にうれしい。私は苗に掛けたテンプレートに、「世界の平和のために」と記載し、祈りを込めた。大きく大きく育ってほしい。夜はみんなで現地中国人の友人のご自宅にお邪魔した。部屋が...

  •  0
  •  0

初めての中国旅行で砂漠に植樹を(2000年頃のお話し) 遠山正瑛さんのお話し続き

 黙々と植樹を行う。植える本数が増えてゆくにつれ、水を撒くホースもだんだん伸びる。つまり作業が大変になるのだ。ホースは一人ではもてない。皆で協力し回りの苗を傷つけないように移動する。団結が作業の効率をアップする。力を合わせなければ何も出来ないのだ。本当に重労働だ。昼食には砂漠の砂が入ったレトルトのカレー。でもこれがまた格別にうまい。作業終了後、再び遠山先生のお話を聞く。 トヨタ・日産電気自動車も開...

  •  0
  •  0

初めての中国旅行で砂漠に植樹を(2000年頃のお話し) 遠山正瑛さんのお話し

夕食を食べた後、遠山先生による砂漠講座。遠山さんは95歳(当時たしか)にもかかわらず、大きな声・堂々したる態度、信念の塊の人のようだった。遠山さんはこのような話をされていた。当時のお話なので現在と違うところはあしからず。アフリカの砂漠開発は難しい。アフリカはフランス・ドイツ・ヨーロッパ諸国の植民地だった場所。そのためジャップが出てきてもらったら先進国が困る。だから開発が難しいのだそうだ。また、植樹...

  •  0
  •  0

初めての中国旅行で砂漠に植樹を(2000年頃のお話し) 砂漠を緑に植樹開始!

遠山正瑛(とおやませいえい)先生 今回の中国訪問の一番の目的である、緑化活動が始まる。 朝6時ごろ起床し、日の出を見に行くが、地平線が砂か霧かで靄がかかり見えない。しかししばらくすると太陽が顔を出した。朝はいつ見てもすがすがしい気持ちにさせる。 朝食時、遠山正瑛(とおやませいえい)先生が私達と同じ席についた。もう95歳にもなるのに気はしっかりしていて声も通りはっきりしている。すごい人だなと直感した...

  •  0
  •  0

初めての中国旅行で砂漠に植樹を(2000年頃のお話し) 宿舎に到着

  黄河を歩いて渡り、やっと宿舎についた。外見はホテルと同じですごくりっぱだ。部屋も大きくいい感じ。ただ壊れやすく天井が落ちたり、ときたま断水・停電が起こるという。日本じゃ考えられない話しだ。宿舎と沙漠は標高1130mのところで高いところに位置している。 まず宿舎の前で現地ボランティアの方と顔合わせを行い、現地住民のモンゴル人からモンゴル式歓迎を受けた。バイチュウというお酒を小さなコップに入れ...

  •  0
  •  0

初めての中国旅行で砂漠に植樹を(2000年頃のお話し) 恩格貝クブチ沙漠へ

列車に乗る そういえば、列車に乗る時、改札口はたくさんの人で溢れていた。改札口を入ろうとして順に並んでいるも一向に進まない。ガイドさんは教えてくれた。無理やり進みなさいと。。ここでは黙って並んでいて待っていては前に進まない。自ら進むものしか道は与えられない。何といえばよいのか、この国では必死に生きる者しか生き残れないのだ。生きると言うことを肌身に感じた。日本とはまるで違う、中国の厳しさ、強さを感じ...

  •  0
  •  0