スポンサーリンク

category: 創価学会仏の時代  1/1

創価学会仏(そうかがっかいぶつ)とはなにか 創価学会仏を永遠ならしめていく要件

小説「新・人間革命」 大山の章 55・56・57より学ぶ 「創価学会仏」を永遠ならしめていく要件とは何か創価学会仏について、『新・人間革命』の中で池田先生のご指導を学んで参りたいと思います。かつて戸田は、「学会は、この末法にあって、これだけ大勢の人に法を弘め、救済してきた。未来の経典には、『創価学会仏』という名が厳然と記されるのだよ」と語っていたことがあった。広布の大使命に生きる学会なればこそ、第...

  •  0
  •  0

創価学会仏(そうかがっかいぶつ)とはなにか 創価学会の意味その4

創価学会仏 創価学会は何のためにあるのか。引き続きその4です。池田先生のご指導「法華経の智慧」より学びます。創価学会は一人一人を真心こめて大切にしてきた団体「常不軽菩薩(じょうふきょうぼさつ)」という名前については、いろいろ面白い話があったね。我々が親しんでいる鳩摩羅什(くまらじゅう)訳の「妙法蓮華経」では「常に(人を)軽んじなかった」菩薩という意味だが、サンスクリット語では反対に「常に(人から)...

  •  0
  •  0

創価学会仏(そうかがっかいぶつ)とはなにか 創価学会の意味その3

創価学会仏 創価学会は何のためにあるのか。引き続きその3です。 池田先生のご指導「法華経の智慧」より学びます。 創価学会は折伏の団体 信仰の感激・確信・喜びを語ることが根本 「流通」とは、「広宣流布」のことです。今、学び始めた「流通分」には「妙法広宣流布」への指針がちりばめられている。 だから、仏法三千年の歴史の中で、私どもこそが、この経文を実感をもって読むことができる。私どものための「随喜功徳品」...

  •  0
  •  0

創価学会仏(そうかがっかいぶつ)とはなにか 創価学会の意味その2

創価学会仏 創価学会は何のためにあるのか。引き続きその3です。 池田先生のご指導「法華経の智慧」より学びます。 創価学会は民衆の自発の力 全部、民衆自身の「自発の力」です。民衆の「内発の力」を開拓したのです。それが、すごいことなのです。学会の底力がそこにある。 上からの権威などで、これほど多くの民衆が、これほど長く、生き生きと動くわけがない。これこそ、まさに法華経の「地涌」の義そのものの姿なのです。...

  •  0
  •  0

創価学会仏(そうかがっかいぶつ)とはなにか 創価学会の意味その1

創価学会仏について、前回、池田先生のご指導から「仏」について学ばせて頂きました。 今回は、「創価学会」とは何かかについて学びたいと思います。 創価学会の心 死身弘法の魂、殉教の心、尽くして尽くし抜く 仏法の究極も「偉大なる凡夫」として生ききることにある。自分の命を与えきって死んでいく。法のため、人のため、社会のために、尽くして尽くし抜いて、ボロボロになって死んでいく。それが菩薩であり、仏である。 「...

  •  0
  •  0

創価学会仏(そうかがっかいぶつ)とはなにか 仏について

「創価学会仏」 素晴らしい時代に入りました。日蓮大聖人の仏法、「仏」そのものの意味を与えてくれている。このような団体は創価学会以外にないでしょう。創価学会仏とはなんでしょうか。池田先生のご指導から「創価学会」とは何か、そして「仏」とは何かについて学びたいと思います。今回は、「仏」について学びましょう。 「仏」について 戸田先生の悟達から 一言でいえば、戸田先生の悟達は、創価学会こそ日蓮大聖人の仏法...

  •  0
  •  0

創価学会仏(そうかがっかいぶつ)の誕生!宗教的独自性一段と明らかに 会則の改正と原田会長の指導

我らは仏意仏勅の教団 大法弘通の「創価学会仏」 世界広宣流布の誓願へ、「永遠の師匠」と共に、異体同心で前進。第72回総務会(山本武議長)が11月4日午後3時から、東京・新宿区の創価文化センター内の正義会館で開かれた。席上、原田会長から「創価学会会則」の改正について提案があり、全員の賛同で可決した。 まず今回の改正では、前文に、世界広宣流布を実現しゆく「仏意仏勅」の正当な教団は創価学会しかないことから...

  •  0
  •  0