スポンサーリンク

archive: 2016年03月25日  1/1

折伏弘教と広宣流布の心 自分は南無軽報蓮華経である

No image

法華経の智慧5巻より池田先生のご指導です。---かつて戸田先生はいわれた。「我々自身が南無軽報蓮華経である。ゆえに、たたかれようが、ののしられようが、ひとたび題目を唱えた以上は、水をのみ、草の根をかんでも、命のあるかぎり、南無軽報蓮華経と唱え抜いて、広宣流布へ向かっていくのだ。これが信心だ」と。そして弘教については、こう教えてくださった。「折伏に手練手管も方法もなにもありません。ただただ、おれは南無...

  •  0
  •  0