スポンサーリンク

archive: 2016年05月  1/1

第12回 アメリカ創価大学 卒業式

No image

アメリカ創価大学(SUA)にて第12回卒業式が現地時間の5月27日午後2時よりカリフォルニア州オレンジ郡アリソビエホ市の同大学・創価芸術センターで盛大に行われました。(聖教新聞5月31日)嬉しいですね。生命尊厳の思想を持った同志がまた社会に羽ばたいていかれます。創立者・池田先生のメッセージ----- 一、本年、アメリカ創価大学は、開学15周年という意義深き佳節を迎えることができました。 「第二の草創期」の誇り高...

  •  0
  •  0

四季の励まし 池田SGI会長 団結!大理想の旗のもとに

No image

上も下もない。同志は、みな平等である。みな尊極の仏である。みな偉大な闘士である。「心こそ大切なれ」――この心と心とを、「広宣流布」という大誓願に一致させた「異体同心」の真髄の世界が、創価学会である。団結とは、一人一人が、自分が広宣流布のいっさいの責任をとるのだと、自覚することから始まる。人を燃え上がらせるには、自分自身が燃えることだ。それでこそ、炎と炎が合わさった、無敵の団結の火の玉で戦うことができ...

  •  0
  •  0

新時代を創る SGI会長と共に 立正安国へ不屈の前進を

No image

日蓮大聖人は叫ばれた。「各各師子王の心を取り出して・いかに人をどすともをづる事なかれ」(御書1190㌻)と。この通りに師子王の心で「立正安国」に戦い抜かれたのが、先師・牧口先生であり、恩師・戸田先生である。牧口先生は昭和18年(1943年)の5月、神札問題について、中野警察署に約1週間、留置され、取り調べを受けた。しかし一歩も退かず、その翌月には、軍部政府に迎合する宗門を峻厳に呵責されている。そして7...

  •  0
  •  0

学会常住御本尊65周年の記念日 池田SGI会長のメッセージ

No image

お疲れ様です。――― 「創価学会常住御本尊記念日」である5月19日、戸田第2代会長の発願から65周年の意義をとどめる勤行会が東京・信濃町の広宣流布大誓堂で行われた。 これには原田会長、長谷川理事長、各部の代表が出席し、広宣流布大誓堂に御安置の創価学会常住御本尊に、厳粛に勤行・唱題。世界広布のさらなる躍進を誓い合った。 池田SGI(創価学会インターナショナル)会長はメッセージを贈り、恩師の発願から65...

  •  0
  •  0

薪割り開始 樹木とダンゴムシ

とある業者から我が家に薪を大量に頂きました。ありがたい限りです。功徳ですね。捨てるにもトラック一台で2~3万かかるとのこと。そこでうちの空き地に捨ててもらいました(笑)樹木の種類はナラ、白樺、アカシア、桜、等がありました。ちなみに団子虫(ダンゴムシ)も付いてきて、ワラジムシと比べるとテンションが上がります。白樺は水分が多いため、ある程度干してから大きなひび割れが出来てから割った方が割りやすい気がし...

  •  0
  •  0

四季の励まし 池田SGI会長 「開かれた心」で縁を絆に

No image

広宣流布とは、「友情の拡大」である。「幸福の華の拡大」であり、「正義の光の拡大」である。それは、「人のつながり」で決まる。「法」といっても、目には見えない。見えるのは、「人」である。ゆえに、広布とは、「善なる人の連帯」を、どこまでも広げ、強めていくことである。動かなければ、何も生まれない。語らなければ、何も始まらない。仏とは戦い続ける命だ。苦しみ悩む人間群の中に分け入り、汗まみれ、泥まみれになって...

  •  0
  •  0