スポンサーリンク

archive: 2016年09月  1/2

ディベートについて

No image

ディベートについて  こんにちは。 今日はディベートについてお話ししたいと思います。 元々わたしは人前で話す事は苦手で、たくさんの人前となると舞い上がってしまい、何を話せばよいのか分からなくなってしまう事が度々ありました。今でもそうかもしれません。このような私が、少しでも人前で堂々と話せるようになれるのならと、ディベートの研修を受けたことがあります。そのときの感想を少し述べたいと思います。受...

  •  0
  •  0

地球民族主義

No image

 地球民族主義とは 戸田先生は、このように述べられている。「私自身の思想を述べますならば、私は、共産主義や、アメリカ主義では絶対にありません。東洋民族、結局は地球民族主義であります。」池田先生は、戸田先生が言われた地球民族主義ついて更に詳細に次のように述べられている。「現代のさまざまな国家観に対する否定であった。否定といって当たらないならば、そのアウフヘーベン(止揚)にあったといってよい。これまで...

  •  0
  •  0

職場で功徳を(欠点を難にすりかえるな)

No image

職場で功徳を 欠点を難にすりかえない辻武寿(つじたけひさ)副会長は次のように述べられた。 昭和17年春の総会であったと思うが、私が二度目に学校を追われて転任させられたとき、このような難を受けた事を周囲の人達が賛嘆した。ところが、総会の席上、戸田理事長が中心で座談会の形式にしてすすめられたとき、戸田先生は、------難を受けることもよいだろうが、そんなことを誇りにふりまわしてはならない。われわれは、職場...

  •  0
  •  0

初めての海外研修inアメリカ(2000年頃のお話し) 最後に一言

最後に実にいろいろな事を学びましたが、やはりもっとも壁が厚かったのは言葉でした。同じ英語でも各国から来た人による英語にはなまりがあるため、理解し難く、日本で学ぶ英語とはぜんぜん違います。これは実際に沢山の人々と触合い会話を通して学び慣れるしかないという事です。私がもっとも感化されたのはいろいろな人間に出会い、自分には何が出きるのか・自分とは何かを考えさせられた事です。自分の心の持ち方、視点が変わっ...

  •  0
  •  0

第九の怒涛 国立ロシア美術館所蔵アイヴァゾフスキー に描かれているもの

イワン・アイヴァゾフスキー『第九の怒涛』(1850)221×332cm皆さんこの絵画を御存知ですか?これは国立ロシア美術館所蔵アイヴァゾフスキーの油彩画《第九の怒涛(だいくのどとう)》です。荒れ狂う大海で、一定のリズムで襲いかかってくる巨大な波。中でも9番目の波が最も破壊的で危険なものとされ、その試練を乗り越えると必ず天の助けがあると、昔から言い伝えられています。難破した船のマストにしがみつく、世界を意味する6...

  •  0
  •  0

初めての海外研修inアメリカ(2000年頃のお話し) SGI-USAについて アメリカSGI

SGI-USAについてSoka Gakkai International-USA (SGI-USA) 創価学会・インターナショナル・アメリカの略です。 私は創価学会のメンバーとして、たくさんのSGIメンバーに本当にお世話になりました。創価学会は、大乗仏教の真髄である日蓮大聖人(1222~1282)の仏法を信奉する団体です。その目的は、仏法の実践を通して、一人一人が真の幸福境涯を確立するとともに、生命の尊厳を説く仏法哲理を根本に、恒久平和、豊かな...

  •  0
  •  0

理想的な勤行・勤行の姿勢について 池田先生のご指導

No image

理想的な勤行、勤行の姿勢について 池田先生のご指導既に御存知の方もいらっしゃるかもしれませんし、また、ご存じではない方もいらっしゃるかもしれません。私が若い時(20代)、先輩から頂いた、先生の勤行の姿勢に対してのご指導を送ります。初心に戻り是非挑戦していきましょう。■池田先生に「理想的な勤行とは,どういうものでしょうか」と質問に対しての指導されたものです。1,くせのある勤行の人は,その一切が生活に...

  •  0
  •  0

初めての海外研修inアメリカ(2000年頃のお話し) さまざまな出会い

多くの出会いを通して縁とは不思議なものです。偶然はありません。(とおもいます)人は出会いによって、良くも悪くも人生に大きな影響を与えます。ここでは、出会いについて書きたいと思います。アフガニスタンからきた運転手 アメリカの生活では、実にさまざまな人と出会いました。思い出深いのは、ワシントンで仲良くなったタクシードライバーです。彼はアフガニスタン出身で共産主義に反対したため3回政治犯として捕まり、拷...

  •  0
  •  0

初めての海外研修inアメリカ(2000年頃のお話し) 宗教について

アメリカと宗教キリスト教が基盤となっています。大きく分けるとカトリックとプロテスタントになりますが、プロテスタントが一般的で、さらに細かく分類されています。もちろん州によっても違います。また、モルモン教など少数の宗派もあり、仏教、イスラム教も存在しております。私も、ホストファミリーに教会(たしかプロテスタント)やモルモン教のサークルに誘われてついて行った事があります。そのファミリーとも宗教について...

  •  0
  •  0

初めての海外研修inアメリカ(2000年頃のお話し) 日本とアメリカの違い

違いさきにお断りしておきますが、アメリカ経験の所見は、あくまでも当時の私の個人的な見解です。現代ではすでに古く感じるところもあるでしょうし、今でもそうだなあと思う点もあるかと思います。その点をご理解頂き、お読みいただければ幸いです(笑)教育教育は私たちの子どもの将来を決定し、私たちの未来を決定します。日本の場合一つの解釈として、「親の言い付けを守る」、「上のものに従う」、これがよい事と思われたり、...

  •  0
  •  0