スポンサーリンク

archive: 2016年12月06日  1/1

チェルノブイリ30年の教訓 放射線防護教育の継続 ロシア研究者 尾松亮

原発は不要です。新たなエネルギーを一刻も早く有効活用すべきです。 福島県内の学校では年2時間しか放射線防護の授業を行えない 「2時間以上はダメというわけではないでしょう。それ以上すると罰があるの?」 ロシア・チェルノブイリ被災地の市民団体職員カーチャさんは言う。 今年8月、筆者が同行し、福島県内の学校の職員と放射線防護教育について意見交換したときだ。 現在、福島県内の学校では年2時間、学級活動の時間を...

  •  0
  •  0