スポンサーリンク

archive: 2017年01月  1/3

2017年1月1日 全国の新年勤行会への池田先生のメッセージ

本年2017年は、池田先生の入信70周年、また若き日の池田先生が東京・鎌田の地で弘教拡大の大波を起こした「2月闘争」から65周年。さらに、戸田先生の願業である「75万世帯」の達成から60周年など、重要な佳節を幾重にも刻む大切な年です。各地で開催された新年勤行会にSGI会長である池田大作先生が同志に贈られた新春のメッセージを紹介いたします。全国の新年勤行会への池田先生のメッセージ 人類の幸福と平和の...

  •  0
  •  0

苦難は偉大な人格を創る FOR TODAY & TOMORROW JANUARY 3

No image

本日の池田先生のご指導を学びたいと思います。EIJI YOSHIKAWA (1892-1962), the renowned Japsnese author of many epic historic novels, asserted,"Great character is forged through hardships."Surviving a life of hardships and difficulties, of stormy ups anddowns,is what produces a person of great depth and character.True happiness is also found in such an unshakable state of life.(FOR TODAY & TOMORROW ...

  •  0
  •  0

創価学会仏(そうかがっかいぶつ)とはなにか 創価学会の意味その4

創価学会仏 創価学会は何のためにあるのか。引き続きその4です。池田先生のご指導「法華経の智慧」より学びます。創価学会は一人一人を真心こめて大切にしてきた団体「常不軽菩薩(じょうふきょうぼさつ)」という名前については、いろいろ面白い話があったね。我々が親しんでいる鳩摩羅什(くまらじゅう)訳の「妙法蓮華経」では「常に(人を)軽んじなかった」菩薩という意味だが、サンスクリット語では反対に「常に(人から)...

  •  0
  •  0

全国最高協議会 2016年12月22日 池田先生のメッセージ 妙法の智慧で平和と幸福の価値創造を

全国最高協議会が2016年12月22日、23日の両日に、東京・信濃町の総本部で開催されました。この中で池田先生のメッセージの一部が紹介されましたので、紹介いたします。妙法の智慧で平和と幸福の価値創造を池田大作先生は、この一年の、婦人部をはじめ「宝の同志」の奮闘を心から賞讃。「妙法の智水(ちすい)を受けて末代悪世の枯槁(ここう)の衆生に流れかよはし給う是れ智慧の義なり」(御書1055㌻)を拝し、我ら...

  •  0
  •  0

チェルノブイリ30年の教訓 住居と移住の保証 選択を肯定して支える ロシア研究者・尾松亮

住居と移住の保証 選択を肯定して支える「放射性核種汚染地域に住居する市民は、放射線状況や被ばく量、被ばくにより発生しうる健康被害に関して与えられる客観的な情報に基づいて、自主的に当該地域での移住を続けるか、他の地域に移住するかを決定することができる」これは、チェルノブイリ原発事故被災者の権利を定めたチェルノブイリ法第6条の規定だ。原発事故により広大な地域が汚染された。原発周辺の30キロ圏内は強制避...

  •  0
  •  0

新時代を創る 池田先生と共に 広布の陰徳は輝く陽報に

広布の陰徳は輝く陽報にこの一年、広宣流布に走り抜いた、誉れの全同志の健闘を心から賛嘆したい。日蓮大聖人は、ある年の瀬、門下の真心に感謝され「心ざし大海よりふかく善根は大地よりも厚し」(御書1105㌻)と仰せられた。御本仏が、どんな陰の労苦も御照覧であられる。厳寒の中も聖教新聞を配達してくださる無冠の友、個人会場を提供してくださっているご家族の皆さま。創価班、牙城会、白蓮グループ、王城会、香城会の皆...

  •  0
  •  0

チェルノブイリ30年の教訓 放射線と甲状腺がん ロシア研究者・尾松亮

放射線と甲状腺がん ロシアでは翌年から増加とも「これまでに発見された甲状腺がんについては、被ばく線量がチェルノブイリ事故と比べて総じて小さいこと、被ばくからがん発見までの期間が概ね1年から4年と短いこと、事故当時5歳以下からの発見はないこと、地域別の発見率に大きな差がないことから、総合的に判断して、放射線の影響とは考えにくいと評価する」福島県で行われてきた健康調査のこれまでの結果を評価する、検討委...

  •  0
  •  0

世界広布新時代第22回本部幹部会 池田先生スピーチ(1991年11月30日の幹部会)

「北陸総会」の意義を込めて、石川平和会館で開催された「世界広布新時代第22回本部幹部会」(2016年12月4日)の席上、池田先生のスピーチ映像が上映されました。この映像は、1991年11月28日付の「破門通告書」が日蓮正宗から送りつけられた直後、11月30日に行われた「創価ルネサンス大勝利記念幹部会」でのものです。世界宗教としての誇りを胸に、さらなる飛躍を期す友の指針として掲載されましたので紹介致します。本部幹部会で...

  •  0
  •  0

電力システム改革の課題 自由化に反する原発救済策 都瑠文化大学教授 高橋洋

原発は不要です。ではどうすればそのような社会が実現するのでしょうか。聖教新聞に「電力システム改革の課題」について都瑠文化大学教授・高橋洋(たかはしひろし)氏の記事が掲載されていましたので紹介します。貫徹のための改革案電力システム改革を「貫徹するため」の政府の改革案がまとまりそうだ。政府は2016年9月末に審議会を立ち上げ、年末までに結論を出そうとしてきた。その実態は原子力発電事業を国民負担によって救済...

  •  0
  •  0

北海道総会・北海道青年部総会 2016年12月11日 池田先生のメッセージ

北から南から青年拡大の潮流!北海道と九州の大会が12月11日に開催されました。2017年は創価の人権闘争の原点と光る「夕張闘争」60周年の大佳節です。その幕開けとなる北海道総会・北海道青年部総会が札幌市の池田講堂で開かれました。その中で池田先生より祝福のメッセージを頂戴しましたので紹介させていただきます。師弟共戦の大金字塔を吹雪に胸張り、大勝利の北海道総会、誠に誠におめでとう!さらにまた、日本全国...

  •  0
  •  0