スポンサーリンク

archive: 2017年01月24日  1/1

チェルノブイリ30年の教訓 放射線と甲状腺がん ロシア研究者・尾松亮

放射線と甲状腺がん ロシアでは翌年から増加とも「これまでに発見された甲状腺がんについては、被ばく線量がチェルノブイリ事故と比べて総じて小さいこと、被ばくからがん発見までの期間が概ね1年から4年と短いこと、事故当時5歳以下からの発見はないこと、地域別の発見率に大きな差がないことから、総合的に判断して、放射線の影響とは考えにくいと評価する」福島県で行われてきた健康調査のこれまでの結果を評価する、検討委...

  •  0
  •  0