スポンサーリンク

archive: 2017年01月26日  1/1

チェルノブイリ30年の教訓 住居と移住の保証 選択を肯定して支える ロシア研究者・尾松亮

住居と移住の保証 選択を肯定して支える「放射性核種汚染地域に住居する市民は、放射線状況や被ばく量、被ばくにより発生しうる健康被害に関して与えられる客観的な情報に基づいて、自主的に当該地域での移住を続けるか、他の地域に移住するかを決定することができる」これは、チェルノブイリ原発事故被災者の権利を定めたチェルノブイリ法第6条の規定だ。原発事故により広大な地域が汚染された。原発周辺の30キロ圏内は強制避...

  •  0
  •  0