スポンサーリンク

archive: 2017年02月01日  1/1

チェルノブイリ30年の教訓 年1ミリシーベルトの法制化 地方議会の訴えが国の基準に ロシア研究者・尾松亮

年1ミリシーベルトの法制化チェルノブイリ事故から5年後、1991年2月28日にウクライナでチェルノブイリ法が成立した。この法律は、年間1ミリシーベルトを超える追加被ばくのある地域を「被災地」と認める。そして、そこに住む人々、そこから移住する人々に対し、国の財政責任で保証することを定めた。この法律が地方議会から生まれたことは知られていない。当時、ウクライナはソ連の一構成共和国だった。ウクライナ共和国...

  •  0
  •  0