スポンサーリンク

archive: 2017年03月07日  1/1

チェルノブイリ30年の教訓 避難者へのいじめ 被災者の権利への認識が欠如 ロシア研究者・尾松亮

避難者へのいじめ「やーい、チェルノブイリ人」とからかわれた少年が同級生にとびかかって組み伏せる。これは、日本でも公開された仏・ウクライナなど4カ国合作の映画『故郷よ』(2011年製作)のワンシーンだ。チェルノブイリ原発事故後、新設されたスラブチチという町が舞台である。少年は原発に隣接するプリピャチ市から非難し、この町に住んでいる設定だ。「うそばっかりの映画。あんないじめ、、この町で起こりっこない」...

  •  0
  •  0