スポンサーリンク

archive: 2017年05月  1/1

四季の励まし 池田大作先生 御書発刊65周年 行学の二道を歩む喜び

御書発刊65周年 行学の二道を歩む喜び 御書は、全人類に 「冬は必ず春となる」と示し切った 「希望の経典」である。 「命こそ第一の財なり」と断ずる 「生命尊厳の経典」である。 「立正安国」の道を開いた 「平和の経典」である。 「正義は邪悪に勝つ」ことを 説き切った 「勝利の経典」なのである。    教学の深化は、信心をさらに深め、 自分自身の使命の自覚を促し、 広宣流布に生き抜く闘魂を 燃え上がら...

  •  0
  •  0

6・30学生部結成60周年 新指導集が完成 池田先生が「発刊に寄せて」を綴る

 結成60周年を記念する男女学生部の新指導集『先駆の誇り』が発刊されました。これは、池田先生の折々の指導、海外大学講演、御聖訓20選などが収められています。池田先生が「発刊に寄せて」を綴られましたので掲載させていただきます。新指導集『先駆の誇り』 発刊に寄せて 私は、瞳を輝かせて学びゆく学生が大好きである。 私は、胸を張って信条を語る学生が大好きである。 私は、汗を流して先駆の行動を貫く学生が大好...

  •  0
  •  0

世界広布新時代第25回本部幹部会 輝き光る我らの五月三日 平和を築く立正安国の大連帯 池田先生のメッセージ

 栄光の5月3日「創価学会の日」「創価学会母の日」を記念する「世界広布新時代第25回本部幹部会」が2017年4月15日(土)午後、「SGI(創価学会インタナショナル)春季研修会」「聖教新聞配達員大会」の意義を込めて、豊島区巣鴨の東京戸田記念講堂で開催されました。各部の代表、55カ国・地域270人の友と出席され、池田大作先生よりメッセージを頂戴しましたので紹介させていただきます。輝き光る「我らの五月...

  •  0
  •  0

随筆 永遠なれ創価の大城18 池田大作 師弟の大桜は爛漫と

試練を越えて 凱歌の花は咲く 君よ 対話の春を舞いに舞いゆけ  父母と  試練の坂を    勝ち越えて  咲き誇りゆく     若桜かな      熊本地震から一年――愛する郷土の復興へ奮闘しゆく不撓不屈の若人の連帯を、諸天も寿いでくれたのであろう。 熊本での全国男子部幹部会は、異体同心の九州家族の祈りに照らされ、暖かい陽光に包まれた。 会場は、一年前、被災された方々の一時避難所となった熊本平和会館...

  •  0
  •  0

新時代第10回全国男子部幹部会 青年の手で復興の楽土を 池田先生のメッセージ

「新時代第10回全国男子部幹部会」が2017年4月9日(日)午後、熊本・菊陽町の熊本平和会館で開催されました。熊本はじめ九州の代表の方々1500人が出席され、池田大作先生よりメッセージを頂戴しましたので紹介させていただきます。青年の手で復興の楽土を 火の国・熊本での凱歌轟く全国男子部幹部会、誠におめでとう! 君たちの不撓不屈の魂の炎が燃える太鼓も、歓喜踊躍の舞も、勝利の歌声も、今、私の心に響きわた...

  •  0
  •  0

創価学園・創価小学校・創価幼稚園入学式・入園式2017年4月8日 池田先生メッセージ

桜花の創価学園で入学式 東京校50期 関西校45期生 東西の小学校・札幌幼稚園も創立者が和歌とメッセージを贈る 創立50周年を迎える創価学園の入学式が4月8日、東京・関西の各キャンパスで盛大に開催されました。 学園最高顧問である原田会長は東京校の入学式に出席されました。 同じく同日に東西の創価小学校の第42回入学式、北海道・札幌創価幼稚園の第42回入園式が晴れやかに行われました。 さらに関西校に完...

  •  0
  •  0

新時代を進む 池田先生と共に08 人材の光を! 新風を起こせ

人材の光を! 新風を起こせ あふれる春の光の中、武蔵野の天地を一路、わが創価学園へ走った(4月5日)。 思えば、1960年のこの日も通った思い出深き道のりだ。会長就任の直前、学園の建設用地の視察に妻と訪れたのである。 57星霜を経て、かつての雑木林には、仰ぎ見る英知の大城が聳え立っている。今や世界の教育界も注目する大発展を、学園首脳と喜び合った。始業式の前日だったが、クラブ活動や新入生の歓迎の準備...

  •  0
  •  0

新時代を進む 池田先生と共に07 いざ爛漫と創価桜の道を

いざ爛漫と創価桜の道を 師弟誓願の3月から「4・2」「5・3」へ、我ら創価は勝利のリズムで進む。総本部の青年桜も開花し、各地から集われる尊き友が笑顔で仰ぐ季節となった。 年々歳々、「冬は必ず春となる」との希望の劇を宝友と飾りながら、恩師・戸田城聖先生の祥月命日(しょうつきめいにち)を迎えられることに感無量である。 アメリカSGIの初代から第4代まで歴代の婦人部長・書記長たちも、仲睦まじく来日された...

  •  0
  •  0