スポンサーリンク
26 2016

第九の怒涛 国立ロシア美術館所蔵アイヴァゾフスキー に描かれているもの

スポンサーリンク
1167819491.jpg
イワン・アイヴァゾフスキー『第九の怒涛』(1850)221×332cm


皆さんこの絵画を御存知ですか?

これは国立ロシア美術館所蔵アイヴァゾフスキーの油彩画《第九の怒涛(だいくのどとう)》です。

荒れ狂う大海で、一定のリズムで襲いかかってくる巨大な波。中でも9番目の波が最も破壊的で危険なものとされ、その試練を乗り越えると必ず天の助けがあると、昔から言い伝えられています。
難破した船のマストにしがみつく、世界を意味する6人のトルコ・アラビアの人々と、波のど真ん中で必死に挑んでいる1人の英雄。そこに容赦なく襲いかかる“第九の波”。しかし、怒涛の夜の嵐に耐えた後に昇る太陽-希望の未来が・・・

国立ロシア美術館にあるサンクトペテブルグ市は健都300周年を迎え、これを記念し国立ロシア美術館の特別のご好意により、富士美術館での展示が実現しました。この絵画を見て、皆さんはきっと自分の人生と照し合せて何かを感じ取るはず。怒涛と戦う人生こそ栄光の『師弟の道』!そう決めて生きる自分でありたいと強く願う素晴らしい絵画です。

これは2004年ごろです。
先輩が富士美術館に行った際に、「しっかり戦え。頑張れ」と私にこれを贈呈して下さったのです。
そのときに撮影した絵(写真)でもあります。


厳しい先輩でしたが、いまでもこれを見るたびに、絶対に負けてなるものかと、胸が熱くなります。

関連記事
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加 


スポンサーリンク

イワン・アイヴァゾフスキー 第九の怒涛 国立ロシア美術館 サンクトペテブルグ 富士美術館 創価学会 池田先生

0 Comments

Leave a comment