スポンサーリンク
04 2017

新時代を進む 池田先生と共に01 いざ楽し 創価家族の共戦譜

スポンサーリンク
創価家族170204

いざ楽し 創価家族の共戦譜

青き地球を希望の光で包み、世界の創価家族が新年をスタートした。五大州のいずこでも、わが同志は賑やかで明るい。皆が新時代の「地涌の第一走者」である。
思えば、創価学会常住の御本尊が本部に安置され、初めての正月を迎えたのは1952(昭和27年)。
この御本尊の御前から、私は戸田先生の若き直弟子として出陣し「大法弘通慈折広宣流布」へ青年拡大の翼を東京・鎌田より広げた。あの2月闘争である。
以来665星霜――。
私は広宣流布大誓堂で、全ての宝友のますますの健康とご多幸、全学会のいよいよの前進・団結・勝利を真剣に祈念した(1月3日)。
日蓮大聖人は「此の経文は一切経に勝れたり地走る者の王たり師子王のごとし・空飛ぶ者の王たり鷲のごとし」(御書1310㌻)と宣言なされている。
この一年、我らは、師子王のごとく恐れなく、不二の師子吼の題目を響かせながら、いかなる険難も勇気凛々と勝ち越えたい。
そして若鷲のごとく颯爽と、試練の烈風をも力に転じて、広布と人生の凱歌を天空高く、世界へ未来へ、轟かせていこう!

大聖人は、ある年の正月、四条金吾夫妻をねぎらい讃えられて、「法華経を持たれる人は、一切衆生の主であると、仏は御覧になっているでしょう。また、梵天・帝釈も、この人を尊敬されるであろうと思えば、うれしさは言いようもありません」(御書1134㌻、通解)と仰せになられた。
来る年来る年、広宣流布に励みゆく学会員こそ、人類の中で最も気高き使命を担うリーダーであり、梵天・帝釈をはじめ、無量無辺の諸天善神から仰がれ、守護される存在なのだ。
「青年拡大の年」なれば、共々に若々しく張り切って「一生成仏」「人間革命」という自転と、「広宣流布」「立正安国」という公転を、たゆまず進めてまいりたい。
そして勇敢に朗らかに、希望と幸福と平和のスクラムを拡大していくのだ。

我らには絶対に信じ合える善友がいる。その信頼に応え、広布に走る人生ほど、爽快なロマンはない。負けじ魂の力走が、未来の友の希望と栄光を開くのだ。
仲良く励ましの声を掛け合い、絶妙のチームワークで楽しき創価家族の共戦譜を勝ち綴ろうではないか!

(聖教新聞 2017年1月6日(金)付 新時代を進む 池田先生と共に01 いざ楽し 創価家族の共戦譜)

本当にありがとうございます。
関連記事
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加 


スポンサーリンク

新時代を進む 創価家族 共戦

0 Comments

Leave a comment