スポンサーリンク
07 2017

世界広布新時代第42回 各部代表者会議 池田先生のメッセージ 命限り有り惜む可からず

スポンサーリンク
170607全力

世界広布新時代第42回の各部代表者会議が2017年4月24日、東京・新宿区の常勝会館(本部第2別館内)で行われました。
そのときに池田先生よりメッセージが贈られましたので紹介いたします。


命限り有り惜む可からず

 池田先生はメッセージを贈り、冒頭、初代会長・牧口常三郎先生が「従藍而青(青は藍より出でて、しかも藍より青し)」との言葉を好み、優秀で力ある人材群が澎湃と躍り出てこそ創価の世界である、と期待されていたことを紹介。
 頼もしく清々しい「従藍而青」の青年が集い、一段と勢いを増しゆく広布の前進を祝福した。
 次いで、創価青年大会が中部から始まり、次は北海道と茨城で予定されていることに触れ、男女青年部の目覚ましい成長を賞讃。温かく祈り、見守り、応援する壮年部・婦人部の友に心から感謝した。
 さらに、「立宗宣言の日」「創価学会の日」を前に、心新たに生命に刻みたいと述べ、「命限り有り惜む可からず遂に願う可きは仏国也」(御書955ページ)の一節を拝読。
 日蓮大聖人が最晩年、現在の大東京にあたる武蔵国の池上邸に歩みを運ばれ、「立正安国論」の講義をなされたお振る舞いは、この「立正安国」の大精神の真髄を創価の師弟に託されたものと、拝されてならないと強調。
 事実、牧口先生は不惜身命で戦い抜かれ、ここ東京の天地で崇高な殉教を遂げられたのであり、誉れの門弟である我らは、断じて「立正安国」の大闘争を貫き通すのみであると力を込めた。
 続いて「娑婆世界は耳根得道の国なり」「是を耳に触るる一切衆生は功徳を得る衆生なり」(御書415ページ)を拝し、「正義の信念の声、民衆の団結の声ほど、強い力はない」「我らが勇敢に語った分だけ、仏縁が広がり、諸天が動き、功徳が積まれる」と力説。
 異体同心で「声仏事を為す」(御書708ページ)挑戦を貫く尊き創価家族の健康・無事故・大福運を念願しつつ、“広布の大歓喜の金字塔を断固と打ち立てよう!”“学会のリーダーは「死身弘法」の御聖訓を忘れず、一切の戦いの原動力たれ”と呼び掛け、メッセージを結んだ。

(聖教新聞2017年4月25日(火)付 世界広布新時代第42回 各部代表者会議 池田先生のメッセージ 命限り有り惜む可からず)

ありがとうございます。
関連記事
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加 


スポンサーリンク

従藍而青 創価青年大会 立正安国 立宗宣言 異体同心 声仏事を為す 死身弘法

0 Comments

Leave a comment