スポンサーリンク
25 2015

境智冥合について

スポンサーリンク
法華経の智慧より、ご本尊について、池田先生のご指導を学びます。

-----
中央の南無妙法蓮華経は、根源の真理を示すものです。いうなれば、生命宇宙の中心軸なので、虚空会の中心に屹立(きつりつ)する宝塔で示されている。その左右に、釈迦仏と多宝如来がいる。これらは、妙法蓮華経の働きを示す仏です。多宝如来は、過去仏であり、永遠の真理を表す。智慧の対境(対象)としての法を示しています。釈尊は現在仏です。法を現実に悟る智慧を表している。二仏並座とは、真理と智慧の一致、境智冥合を示すものです。

本来だれもが仏である。これは境です。その仏界を輝かせるのは、智慧の光です。仏であることを自覚する智慧があって初めて仏と輝く。これが境智冥合です。わたしどもでいえば、以信代慧、つまり、信を以て慧に代う、ですから、信心が智にあたる。自分に仏界があるというのは客観的真理であり、境です。それを事実の上で輝かせるのが信心です。
その場でなくてはならない存在になる事が境智冥合です。
-----

お題目を上げている姿。現在の自分の姿。
不二だということを学ばせて頂きました。
関連記事
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加 


スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment