スポンサーリンク
自身の薪ライフや、クリーンエネルギー、緑内障の目の状況、昔の海外生活や、思想哲学、生命尊厳の創価哲学など、かって気ままに綴ります。
前の記事 ホーム 次の記事

2017年第59回釧新花火大会が盛大に開催されました(北海道釧路市)

2017年08月28日01:04  カテゴリ:北海道道東(釧路管内)
170829釧新花火大会

第59回釧新花火大会2017開催

2017年8月16日に、第59回釧新花火大会(せんしんはなびたいかい)(釧路新聞社主催)が盛大に開催されました。

昨年は開催されたものの雨が降ってしまったようですが、今年は夜空いっぱいに大迫力の花火が広がりました。
私は釧路市民になったので、今回初めて見に行きました。花火大会なんて暫く行ってませんでしたので感動しました。
とても素敵でしたので、釧新花火大会のダイジェスト版をお送りします。約6分程度です。



釧路市では大きなイベントととしての花火大会が2つあります。
一つは「釧路大漁どんぱく花火大会」。
こちらは今年の9月2日に行われる予定で、釧路市では一番大きな花火大会となります。
そしてもう一つが、今回紹介しました「釧新花火大会」です。

釧新花火大会は道東屈指の規模を誇る北海道釧路市の花火大会として知られています。
市内の鳥取橋付近の河川敷から打ち上げられるのですが、この河川敷がとても広くて大勢の人が来ることができます。
約8000発の花火が連続的に夜空いっぱいにワイドに打ち上げられ、大迫力でとても幻想的です。
また素敵なのは「ナイアガラの滝」と云われる、幅約600mの滝のような花火も演出されます。
映像では見るのが難しいのですが、肉眼で見ると神々しく光る滝のように見えて感動的です。

この時期の夜は涼しさを通り越して肌寒いので、しっかり着込んで見るのが良いでしょう(笑)。
多くの方々が来られていましたが、この「釧新花火大会」の会場はとても広いので、
人と人が密着して大変混雑する状況までにはなりません。

きっとお子様連れの方もゆったりとした気持ちで安心して見れると思います。
これが釧新花火大会の魅力の一つなのかもしれないと思いました。
来年は、是非多くの方が見に来ていただけると嬉しいです。

ありがとうございます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサーリンク
前の記事 ホーム 次の記事

スポンサーリンク