さすらいの薪人 心に刻む言葉

自身の薪ライフや、クリーンエネルギー、緑内障の目の状況、昔の海外生活や、思想哲学、生命尊厳の創価哲学など、かって気ままに綴ります。

スポンサーリンク
-- --

スポンサーサイト

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加 


スポンサーリンク
スポンサーリンク
170404心

世界広布新時代第41回の各部代表者会議が2017年3月27日、東京・新宿区の常勝会館(本部第2別館内)で行われました。
そのときに池田先生よりメッセージが贈られましたので紹介いたします。


誇り高く御書根本で進め

池田先生はメッセージを贈り、冒頭、総本部が日本中、世界中から訪れる同志や友人でにぎわっていることを喜びつつ、誠心誠意で迎える友の尊き献身に感謝した。
 次いで戸田城聖先生が発願し、創価学会の信心によって御書全集が発刊され、来る4月で65周年となることに触れ、「転重軽受法門」の次の一節を拝読。
 「法華経の一句一偈でさえ身で読めば、成仏の記別を受ける。ましてや、日蓮は、法華経の全巻28品を身をもって読んだのであるから『いよいよ頼もし』である」(御書1001ページ、通解)
 そして「われら創価の師弟は御書全集を身をもって拝し、御書根本に一閻浮提への広宣流布を成し遂げている」と述べ、「いよいよ頼もし」と誇りも高く進もうと呼び掛けた。
 さらに、この御文に続く一節「ただ、国土までも安穏にしたいと思っていたが、進んで日蓮を用いようとしない世なので、力が及ばない」(同)を拝しつつ、この御本仏の悲願を受け継ぎ、成就していく学会の大使命を強調。日本の安穏と世界の平和のために、いやまして「立正安国」の大光を威風堂々と放っていこうと訴えた。
 そして、全世界の地涌の宝友の喜びあふれる前進のためにも、大胆に戦い、全創価家族の「異体同心の柱」となって勝利の旗を打ち立てようと力説した。
 最後に、戸田先生の師子吼「一歩も退いてはならんぞ。追撃の手をゆるめるな」を共々に心肝に染めたいと述べ、メッセージを結んだ。

(聖教新聞2017年3月28日(火)付 世界広布新時代第41回 各部代表者会議 池田先生のメッセージ 誇り高く御書根本で進め)

ありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加 


スポンサーリンク

転重軽受 異体同心 立正安国

スポンサーリンク
170403オックスフォード

心を広げる「対話の春」に

私たちの対話が、
 社会を変え、世界を結び、
 未来を創る。
 私たちの対話には、希望がある。
 生命の可能性を開く
 蘇生の力がある。
 勝利と勇気と確信がある。
 「人間を信ずる力」によって
 民衆の時代を築くのが、
 私たちの対話なのである。

 「人に会う」ことである。
 「会う」ことから
 何かが始まる。
 何かを学べるし、
 自分の世界も広がる。
 次の、新しい出会いへと、
 つながっていく。
 勢いも出る。
 知恵もわく。

 対話を避ける菩薩はいない。
 声を惜しむ仏もいない。
 人と会い、
 人と語り合うことなくして、
 仏道修行は
 あり得ないのである。
 民主主義の出発も、対話である。
 対話は、
 一人の人格を
 平等に尊重する営みだからだ。

 「自分の心の中にある思想」を
 人に語ることによって、
 自分自身の知恵がいっそう輝き、
 豊かになっていく。
 語れば語るほど、
 その思想を、
 よりはっきりとつかみ、
 自分自身のものにしていける。
 自在に展開していける。
 正義を語り抜く人は、
 どんどん輝いていく。
 徹底して
 叫ぶ人が勝っていく。
 さあ! “対話の春”である。
 “行動の春”である。
 “成長の春”である。

(聖教新聞 2017年3月26日(日)付 池田大作先生 四季の励まし 心を広げる「対話の春」に)

本当にありがとうございます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加 


スポンサーリンク

四季の励まし 対話 会う 語る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。