スポンサーリンク

category: 四季の励まし 池田先生のご指導  1/4

四季の励まし わが地域に勇気の一歩を

わが地域に勇気の一歩を 大地に深く根を張ってこそ 大樹となる。 人も組織も同じである。 根無し草では、 時代の激流に押し流されるだけだ。 いかなる嵐にも揺るがぬ根―― それは地域という 最も身近な大地に張られる。   現代は、無縁社会と言われる。 それは、地縁や血縁が なくなったというより、 縁を維持し、作り、 育めていないという 側面があるのではないだろうか。 故郷は「自分たちで作るもの」だ。 今...

  •  0
  •  0

四季の励まし 満々たる生命力で出発!

満々たる生命力で出発! 一日一日、 生まれ変わったように生きる。 その人生には感傷もない。 愚痴もない。 堅実な一歩一歩が必ず 偉大な使命の人生となっていく。 これが「創価の道」である。 自分は昨日までの自分ではない。 学会も、昨日までと同じではない。 そう決めて、今日から 新しい夜明けを始めるのだ。 今再び、わが人生の戦線に 「価値創造」という 新生の夜明けを開くのだ! 人間は、臆病になり、 挑...

  •  0
  •  0

四季の励まし 池田大作先生 和楽の家庭から希望の虹を

和楽の家庭から希望の虹を人間は自分一人で 生まれてくることはできない。 たった一人で一人前の人間に なれるものでもない。 家族のなかに生まれ、 家族のなかで育ち、 やがて一個の人間として 成長していく。 夫婦も、兄弟姉妹も、 目に見えぬ一つの法則で 結ばれているともいえる。 その心の絆こそ、 家族の結晶であるに違いない。 お母さんの声、お母さんの手ほど 美しいものはない。 子どもをあやし、 子ども...

  •  0
  •  0

四季の励まし 池田大作先生 若竹のように伸びゆけ

若竹のように伸びゆけ  未来部の皆さんが、 友と伸び伸びと語り合う。 励まし合いながら、 生涯の友情を広げていく。 ここに希望があり、 平和創出の原動力がある。 皆さんこそ、 世界が期待を寄せる 平和の主人公なのだ。   青春時代にあって、 勉学やスポーツで、 不本意な成績となったり、 負けたりする場合もあるだろう。 しかし、若竹や樹木が、 いかなる風雪にあっても、 上へ上へと 伸びていこうとする...

  •  2
  •  0

四季の励まし 池田大作先生 誠実を貫く人間王者たれ

誠実を貫く人間王者たれ 容姿や服装で、 人の真価は決まらない。 振る舞いで決まる。 誠実で決まる。 誠実なくして、 偉くなった人はいない。 誠実―― ここに哲学の究極があり、 人間の世界を照らす光がある。  傲りの心、退転の心に 侵されてはならない。 列車も、飛行機も、 どこかへ向かっていく。 進まなければ、 目的地には着けない。 これが道理である。 人もまた、生き生きと、 新天地に向かって飛び出す...

  •  12
  •  0

四季の励まし 池田大作先生 未来を決するのは「青年」

未来を決するのは「青年」 青年には、未来がある。 青年には、希望がある。 そして―― 青年とは、挑戦者だ。 青年とは、先駆者だ。 青年とは、建設者だ。 いかなる国も団体も、 未来の盛衰を決するのは、 理想を抱き、 元気溌剌と実現しゆく 青年である。 青年であることは、 それだけで、 いかなる権力者にも勝る 無限の財宝を もっていることなのである。 いわんや諸君には「妙法」という “永遠の財宝”がある。...

  •  0
  •  0

四季の励まし 池田大作先生 全ての母に感謝の花束を

全ての母に感謝の花束を母は温かい。母は賢い。 そして母は強い。 母ありてこそ、私たちがいる。 「母への感謝」は 人類永遠の美心である。 いわんや、友のため、 地域・社会のため、広宣流布のため、 だれよりも真剣に、大誠実で 戦ってくださっているのが、 わが婦人部の皆さんであられる。 美しい自然、美しい姿、 美しい人生、美しい家庭――。 人間だれしも 美しいものに憧れるが、 それは自分の中に 閉じこもっ...

  •  0
  •  0

四季の励まし 池田大作先生 「苦労」が生命を輝かせる

「苦労」が生命を輝かせる 仏法では 「如蓮華在水」と説かれている。 蓮華は泥沼から生じて、 あの美しい花を咲かせる。 同じように、 どんなに厳しい状況にあっても、 最高に価値ある人生を 開いていけるのが仏法である。 私もそう確信して生きてきた。 今、どんなに苦しくても、 決して負けてはいけない。 幸福と栄光の人生へと、 劇的に転換できるのが信心だ。 白蓮は、花と実が同時に成長する。 すなわち、原因...

  •  0
  •  0

四季の励まし 池田大作先生 御書発刊65周年 行学の二道を歩む喜び

御書発刊65周年 行学の二道を歩む喜び 御書は、全人類に 「冬は必ず春となる」と示し切った 「希望の経典」である。 「命こそ第一の財なり」と断ずる 「生命尊厳の経典」である。 「立正安国」の道を開いた 「平和の経典」である。 「正義は邪悪に勝つ」ことを 説き切った 「勝利の経典」なのである。    教学の深化は、信心をさらに深め、 自分自身の使命の自覚を促し、 広宣流布に生き抜く闘魂を 燃え上がら...

  •  0
  •  0

四季の励まし 池田大作先生 きょう4・2 師匠をもつ人生は幸福

きょう4・2 師匠をもつ人生は幸福師匠をもつことが、 どれほど尊く、ありがたいことか。 動物は師匠をもてない。 人間だけが、 師匠をもつことができる。 師匠をもつことこそ、 人生の最重要事である。 師弟の道を 真っすぐに生きる人生が、 永遠に向上できる 「最高に幸福な人生」なのである。  師弟とは 物理的な触れ合いのなかに あるのではない。 心に師をいだき、 その師に誓い、 それを成就しようとする...

  •  0
  •  0