スポンサーリンク

archive: 2016年09月  1/1

地球民族主義

No image

 地球民族主義とは 戸田先生は、このように述べられている。「私自身の思想を述べますならば、私は、共産主義や、アメリカ主義では絶対にありません。東洋民族、結局は地球民族主義であります。」池田先生は、戸田先生が言われた地球民族主義ついて更に詳細に次のように述べられている。「現代のさまざまな国家観に対する否定であった。否定といって当たらないならば、そのアウフヘーベン(止揚)にあったといってよい。これまで...

  •  0
  •  0

職場で功徳を(欠点を難にすりかえるな)

No image

職場で功徳を 欠点を難にすりかえない辻武寿(つじたけひさ)副会長は次のように述べられた。 昭和17年春の総会であったと思うが、私が二度目に学校を追われて転任させられたとき、このような難を受けた事を周囲の人達が賛嘆した。ところが、総会の席上、戸田理事長が中心で座談会の形式にしてすすめられたとき、戸田先生は、------難を受けることもよいだろうが、そんなことを誇りにふりまわしてはならない。われわれは、職場...

  •  0
  •  0

第九の怒涛 国立ロシア美術館所蔵アイヴァゾフスキー に描かれているもの

イワン・アイヴァゾフスキー『第九の怒涛』(1850)221×332cm皆さんこの絵画を御存知ですか?これは国立ロシア美術館所蔵アイヴァゾフスキーの油彩画《第九の怒涛(だいくのどとう)》です。荒れ狂う大海で、一定のリズムで襲いかかってくる巨大な波。中でも9番目の波が最も破壊的で危険なものとされ、その試練を乗り越えると必ず天の助けがあると、昔から言い伝えられています。難破した船のマストにしがみつく、世界を意味する6...

  •  0
  •  0

理想的な勤行・勤行の姿勢について 池田先生のご指導

No image

理想的な勤行、勤行の姿勢について 池田先生のご指導既に御存知の方もいらっしゃるかもしれませんし、また、ご存じではない方もいらっしゃるかもしれません。私が若い時(20代)、先輩から頂いた、先生の勤行の姿勢に対してのご指導を送ります。初心に戻り是非挑戦していきましょう。■池田先生に「理想的な勤行とは,どういうものでしょうか」と質問に対しての指導されたものです。1,くせのある勤行の人は,その一切が生活に...

  •  0
  •  0

意気地なしは不幸

No image

意気地なしでは幸福にはなれない。人生にかつことはできない。臆病者には何も創造できません。どんなに口がうまくても、嘘つきであったり、行動しない人は、何も価値を創造することはできない。仏の真髄の強さは、ありとあらゆる苦難を堪え忍ぶ「忍辱の心」にあるとの仰せである。苦労知らずの意気地なしに、仏の力が出せるわけが無い。池田先生の御指導です。意気地なしの生き方は、自分を信じることはできないし、どこか他人任せ...

  •  0
  •  0