archive: 2016年10月04日  1/1

惰性の症例 惰性になっていないかどうかの判断について

No image

池田先生は次のようにご指導して下さいました。-----惰性といっても、自分ではなかなかわからない。わからないからこそ惰性なのだともいえる。ある人があげていた「惰性の症例」(笑い)は、①決意、目標があいまいなとき②勤行はしているが、具体的な祈りがないとき③勤行や活動が受け身になり、義務的になっているとき④愚痴や文句が出るとき⑤歓喜や感謝、感動が感じられないとき⑥求道心が弱くなっているとき⑦仕事がおろそかになり、...

  •  0
  •  0