スポンサーリンク
08 2020

四季の励まし よき出会いが人生を彩る

スポンサーリンク
200508SwedenStockholm.jpg

池田大作先生 四季の励まし よき出会いが人生を彩る

 「出会い」は不思議である。
 「出会い」で決まる。
 私は、戸田先生との出会いを
 永遠に忘れない。
 戸田先生との出会いで、
 私の一生は決まったのである。
  
 新しい出会いは、
 新しい人生の
 「舞台」の開幕である。
 ゆえに、縁ある方を大切にし、
 一回一回、歓喜と感動の劇を、
 誠心誠意、刻んでいきたい。
 私は、お会いした方が
 少しでも元気になり、
 晴れ晴れと胸を張って
 帰っていかれるようにと、
 祈りを込めて、
 語らいを進めるのが常である。
  
 「人間」とは、
 「人と人の間」と書く。
 孤独は、気ままなようで、
 わびしい。
 自分の人格も磨かれないし、
 可能性も開かれない。
 いかに豊かな人間関係を築くか――
 よき人間関係こそ、
 人生を彩る財産であろう。
  
 「私には親友がいます」と
 言いきれる人は幸せだ。
 お金よりも、地位よりも、
 名誉よりも、
 「絶対に心がつながっている」
 「絶対に裏切らない」という
 友人をもっている人こそ、
 本当に「豊かな人生」である。
  
 一つ一つの出会い、
 一回一回の生命の交流は、
 時とともに、
 私たちの想像を超えるほどの
 大きな広がりと
 実りをもたらすものだ。
 新しい出会い、新しい交流――
 そのために大切なのは、
 打って出る「勇気」である。

(聖教新聞 2017年8月20日(日)付 四季の励まし 池田大作先生 よき出会いが人生を彩る)


8月14日は、池田先生が戸田先生と出会った日です。
2017年8月14日はちょうど70年目。そして2020年8月14日は73年目となります。
8月14日から10日後の8月24日、池田先生は入信され、「広宣流布即世界平和」の大道を歩みを開始されました。

そして今、創価家族としてのわたしたちが存在しています。
創価学会という組織がなければ、創価家族の出会いも繋がりもまたなかったでしょう。本当に不思議な縁です。
職種の違い、性格の違い、生い立ちの違い、価値観の違い。
このような出会いを通じ、私たちは互いに衝突し、切磋琢磨し、理解しあう中で、自他の仏性を磨き合い、一人の人間として成長させていただくことができたのです。

いまは急速に人類が繋がり始めています。
まさに地球民族の一員として、世界平和の大道を一歩ずつ歩み始めている時代なのです。

これからもさらに、一つの出会い、一つの対話、一つの励ましを大切にしながら、朗らかに友情と信頼の絆を広げて参りましょう!
私たちが目指すのは、これから立ち向かうであろう山あり谷ありを乗り越えて、希望に満ち溢れた2030年なのです。

本当にありがとうございます。
関連記事
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加 


スポンサーリンク

出会い 四季の励まし 創価家族

0 Comments

Leave a comment